04/13 FXリアルトレード「FXは真剣勝負なのか」

 
04/13 FXリアルトレード「FXは真剣勝負なのか」

はじめにお知らせ

無料オンラインセミナー開催中

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら

お疲れ様です。

 

今回は流れが非常に読みやすかったので、利益を取れた方はとても多かったんじゃないでしょうか?

 

FXはお金がかかっているので、結果についてはまじめに受け入れないといけません。

 

たとえ儲かっても、その結果を否定することはできません。

 

そういった意味では「FXは真剣勝負」です。

 

でも負けてもすぐに命を失うわけでもないし、勝ったからといって相手の命を奪うわけでもありません。

 

それに「命や全財産を賭けるような大勝負」は、してはいけません。

 

もししてしまったら、プレッシャーに負けてしまい、悪い結果が出やすい。

 

相場というのはもともと意地悪であり、切羽詰った人には味方をしてくれません。

 

投資家としては、余力を残しながら楽しく売買をしなければいけません。

 

お金というものは不思議なことに「ニコニコと楽しくしている人」に集まります。

 

だから深刻な顔をしながら、FXの売買をやってもうまくいきません。

 

また余計な神経をつかうのもよくありません。

 

なるべく楽で簡単なやり方のほうが良いです。

 

本当のプロは「シンプル・イズ・ベスト」という言葉のとおり、簡単な売買しかしません。

 

難しい専門書を読みながら、「複雑な数式」や「難解なチャート」を駆使しても、ほとんどの投資家は負ける運命をたどります。

 

これは相場だけではなく、スポーツやトランプなどでも似ているところがあります。

 

「単純なことができない人」ほど変わったことに活路を求めますが、もうその時点で負けたも同然。

 

個人投資家はとにかく簡単なやり方で、楽しく売買しましょう。

 

逆を言えば「複雑で面倒だな」「ちっとも楽しくない」という人は、そのやり方があなたに合っていません。

 

「もっと簡単で、もっと楽しく売買できる方法」を探すべきでしょう。

 

うまく行っていない人ほど、もっと簡単で、もっと楽な方向へ進むこと。

 

「難しくしようとしたり、わざわざ小難しく考えるうちはまだまだ改善の余地がある」と考えましょう。

まとめ

楽しく楽に売買できないうちは、まだあなたは自分に合ったやり方に到達していない。

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA