04/18 FXリアルトレード「結果が分かる前に判断しよう」

 
04/18 FXリアルトレード「結果が分かる前に判断しよう」

はじめにお知らせ

無料オンラインセミナー開催中

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら

お疲れ様です。

 

今日は指標で爆下げしましたね。

 

なぜこんなにも下がったのか?

 

なぜ指標前に不自然な上昇が起きたのか?

 

プロトレーダーは先の動きを見抜く眼力が必要ですね。

 

それはチャートがすべてを物語っています。

 

相場が動き出す前に、未来を見通す眼力が必要です。

プロのチャート解説者は信用できるか?

多くの経験を積んだ業界関係者であれば、株式チャートを見てある程度のことは解説できます。

 

メディアに登場するチャート解説者も、必ずしも未来のことばかりを言及しているとは限りません。

 

むしろこれまでのことも、過去に起きたことを丁寧に解説しているケースが多い。

 

「もう起きてしまったことや済んでしまったことの解説」は結果が分かっているので比較的簡単に解説できます。

 

しかしこれから起こることの予測は難しいです。

 

これはFXに限らず、他のことでも同様のことが言えます。

 

例えば、バッターがホームランを打った直後に「なぜ打てたのか」「ピッチャーのどこが悪かったのか」を指摘することは、野球の専門家であれば比較的簡単です。

 

しかし「次はどんなことが起きるのか」「今、何に注意すべきか」などを的確に指摘することはとても難しいです。

 

FXについても同じように考えれます。

 

チャートの解説で、先行きをキチンと予測し、しかも後から見ても的中率が高ければ、かなり優秀なチャーチストです。

 

しかし過去に終始している場合は、それほどたいしたことはないケースも少なくありません。

 

後からならば、結果がわかっているので解説者はなんとでも言えます。

 

しかし投資家は結果が分かる前に投資行動を行わなければいけません。

 

FXでは過去の結果よりも、未来の動向が大切になります。

 

もちろん予知能力を持つ超能力者でもない限り、未来のことを正確に見通すことは不可能なんです。

 

それでも結果が分かる前に投資判断をして、実際に売買をしなければFXで利益をあげることは出来ません。

 

投資家がFXチャートの勉強をする際には、基本知識として過去のパターンを知ることは必要不可欠です。

 

しかし最も大事なことは「チャートを見て未来を見通す」です。

 

「まだ結果が分からない段階で投資判断を下すためにチャート分析手法を学ぶ」ということを認識したうえで、チャート解説書を読むべきでしょう。

 

結果が分かる前に、未来を見通す訓練が必要

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA