05/01 FXリアルトレード「通貨選びに時間をかけない」

 
05/01 FXリアルトレード「通貨選びに時間をかけない」

はじめにお知らせ

無料オンラインセミナー開催中

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら

 

お疲れ様です!

 

ドル円はロスカットで終わってしまいました!

 

ユーロ円、ポンド円、豪円はショートでロスカットされた損失以上の利益が出たので結果オーライです!

 

自分で分析してショートと判断したら「ショート」

 

ロングと判断したら「ロング」

 

ポジションを取ってたいした時間もかかっていないのに、予想どおりに動かなくてオロオロしてすぐにロスカットしたり薄利決済する人がいます。

 

相場はそう簡単に早くは動きません。

 

これはスキャルピングの方だったら当てはまらないですが、自分がその方向に動くと判断したらポジションを取ってじっくり寝かせておく姿勢が必要です。

 

指値と逆指値を決めたら、あとはチャートは見ない。

 

もしくは見る間隔を決めて、1時間に1回見るとか、30分に1回見るとか。

 

それぞれの運用スタイルで当てはまらない方もいらっしゃると思います。

 

僕の場合ですと、逆指値だけ自動注文させておいて、指値は注文しません。

 

自分が分析したトレンドが正しければ、そのトレンドに乗って大きく利益を伸ばせるからです。

 

慣れない方は逆指値と指値を注文しておいて、1日寝かせてみて、次の日に見てみたら案外自分の予測どおりに動いていることが多いものです。

 

ポジションを取ってちょっと逆方向に動いただけでロスカットするのは、ただの損切り貧乏におちいります。

 

そうではなくてもう少しどっしりと構えて、自分の分析に自信を持って、あとは「果報は寝て待つ」くらいの気楽な姿勢が大事です。

通貨選びにどれくらい時間をかけるか?

「寸暇を惜しんで通貨選択作業に取り組んでいて、数時間を費やしている」という人は、個人投資家よりも機関投資家のほうが向いています。

 

個人投資家をやめて、機関投資家に就職するほうがいい。

 

「一日10分間から15分間」という人は、個人投資家としては常識的な水準だと思います。

 

それ以上長い人は要注意。

 

時間をかけ過ぎと言えます。

 

「時間をかければ儲かる」というわけではないことぐらい、専門家が集まって時間をかけて通貨選択をしている投資信託や年金の運用成績を見ていればわかると思います。

 

「通貨は決まっているので通貨選びにかかる時間はゼロ」という人が一番利益を上げやすいです。

 

為替ディーラーは「ドル円」しか売買しなくても、儲かる人は儲かります。

 

「いつも同じ通貨を売買していると、いろいろなクセが分かる」というメリットもあります。

 

一定レベル以上の売買技量があれば、通貨選択に時間をかけずに、いつも手がけている通貨を売買したほうが良いです。

 

不得意な通貨に手に出さない方が、負けも自然と減ります。

 

通貨選択よりも、売買技術向上に時間を割いたほうがいいでしょう。

 

通貨選択よりも売買技術向上に時間を割く

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA