05/02 FXリアルトレード「教科書どおりにはいかない」

 
05/02 FXリアルトレード「教科書どおりにはいかない」

はじめにお知らせ

無料オンラインセミナー開催中

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら

FXチャートの解説書を読む際の注意点は?

FXチャートの解説書は、読み手が理解できるように、なるべくわかりやすい例で解説されています。

 

わざわざ分かりにくい例で説明することはまずありません。

 

読み手ではなく、書き手の立場で考えてみると、「説明しやすい事例」「キレイに説明できる事例」だけを取り上げて、ページを埋めてしまうケースが多いです。

 

書き手だって、説明しづらい事例で解説書を執筆することは骨が折れます。

 

市販解説書のほぼ99%は「説明しやすい典型例」だけの紹介にとどまっています。

 

基本を学ぶには、それでも良いでしょう。

 

しかし「解説書の事例と同じパターン」に実践で遭遇するとは限りません。

 

むしろ「解説書には掲載しづらいパターン」のほうが多いです。

 

中学生が数学の教科書に掲載されている例題を全部解けるようにしておいても、おある程度問題集を解いておかないと、なかなか定期テストや高校入試で高得点が得られないのと同じで、FX投資でも教科書に掲載されている事例だけを知っていても、なかなか儲けることはできません。

 

教科書に書かれている基本を理解したうえで、実際の相場を体験しながら経験を積んで応用力を身につける必要があります。

 

解説書には説明しやすい事例だけしか書かれていない

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら