FX最強のチャートパターン、三尊天井だけで高勝率トレード

 
FX最強のチャートパターン、三尊天井だけで高勝率トレード

はじめにお知らせ

無料オンラインセミナー開催中

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら

三尊天井は数あるチャートパターンの中でも非常に強力なものです

 

もっともローリスクでどれよりも利益を最大に伸ばせるチャートパターンです。

 

期待値100を越えるくらいの信頼性の高さを誇ります。

 

プロトレーダーの中には三尊天井が大好き大好きでたまらないと言われる方も多く、それだけの恩恵があるチャートパターンです。

 

今回はその三尊天井の攻略方法をお伝えします。

1 三尊天井とは

三尊天井とは別名ヘッド&ショルダーとも呼ばれます。

 

頭(head)&肩(Shoulder)でチャートの形が人間の頭と肩のように見えることからそう呼ばれています。

三尊天井はたくさんのチャートパターンの中でも非常に強力なパターンで、簡単に言うと「トレンド終了」のサインです。

 

と、同時に上位足で下降トレンドの戻り目に出現したら信頼性が非常に高いチャートパターンです。

最強のトレンド転換のサインだと長年語られてきました。

 

 

三尊天井の名前の由来は、一光三尊阿弥陀如来像がもととなっています。

 

3つの山があって、真ん中の山が高いことが似ているために三尊天井と名づけられました。

日本人に限らず古来の人々は「三位一体」「三種の神器」など3という数字を重要視していました。

 

そういった考え方から相場分析にも応用されていったようです。

 

僕も相場を研究するうえで3という数字は絶対に欠かせない存在として重宝しています。

2 ネックライン

次にネックラインですが、三尊天井の場合は少しひねくれています。

まんなかの画像はキレイにそろっているんですが、両脇の画像はネックラインが右上がり、右下がりになっています。

 

三尊天井はキレイに三本ラインがそろうことは少ないんですね。

 

両脇のどちらかのパターンになることが多いです。

 

もしもキレイな三本ラインを描く三尊天井を見つけたら、それはボーナス相場です。

 

そしてネックラインを越えてきたらトレードシグナルです。

 

トレードに成功すれば大きな利益を獲得できるでしょう。

2-1 右上がり

そしてネックラインの傾きで相場の強弱を知ることが可能となってきます。

これは右上がりのネックラインです。

 

この画像はまだカタチとしては未完成なので三尊天井になるかは、まだ予測の段階です。

 

分析材料としてはネックラインが右上がりだということです。

 

シンプルに考えてください。

 

右上がりということは、まだ上昇する余力が残っていることを示しています。

 

なのでこのあと三尊天井のかたちになったとしても、下落するエネルギーが下から押し上げられる可能性が考えられます。

 

よって右上がりのネックラインはトレードしても良いけど、警戒しながらのトレードをおすすめします。

 

ネックラインに押し出されるようにビヨーんと下落していくこともたくさんありますが、100%そうなるとは限りませんので注意しましょう。

2-2 右下がり

今度は右下がりの場合です。

 

こちらもシンプルに考えましょう。

 

右下がりということは、のぼっていくエネルギーが弱まっているあかしです。

 

ということは上から滑り落ちていく可能性が高いということですね。

 

なのでこの後に三尊天井のかたちになれば、大幅に下落していく可能性がかなり高いという証拠です。

 

しかしトレンドは見誤らないようにしましょう。

 

上位足が下降トレンドの戻り目であることは条件のひとつです。

3 ショルダー

ネックラインの次に意識するところはショルダー部分(肩)です。

 

ネックラインと同様、ショルダー部分の傾きでも相場の強弱が分かります。

右上がりと右下がりのショルダーです。

 

ネックラインでの説明とほぼ同じです。

 

右上がりのショルダーはやはり上昇エネルギーがやや強い証拠です。

 

エントリーポイントとしてはネックラインを軸にしてエントリーするのが基本です。

 

 

しかし、右上がりになってしまったらその軸までの距離が遠くなってしまいます。

 

値幅のロスが生じてしまいますね。

 

つまりリスクが高くなります。

 

おまけに右上がりで上昇の余力が残っている可能性があるので、思うように伸びていかない可能性も考えられます。

 

よって右上がりのショルダーよりも、右下がりのほうが信頼性が高いということです。

4 失敗しにくいエントリーポイント

三尊天井でトレードが成功すればとても大きな利益を生み出します。

 

この三尊天井だけでトレードするだけでも非常に高い勝率をもたらし、大きな利益を獲得することが可能になってきます。

 

ここではリスクが最も小さいトレードポイントを紹介します。

上の画像にA,Bのポイントがあります。

 

ここが鉄板のエントリポイントです。

 

そして最もリスクが小さいほうはBです。

4-1 A

Aでエントリーしてブレイクを狙う方もいますが、少々リスクテイカーです。

勢いよく伸びてくれたらいいんですが、伸びる可能性としては3つ目の山と同じ値幅になることが多いです。

 

上の画像のようにAでエントリーしたら利益が小さい可能性が高いですね。

 

試しに警戒しながらエントリーすることもありですが、あらかじめ値幅は想定できますのでそこまで来たら潔く利食いましょう。

 

運よくブレイクアウトしたら勢いが止まったら潔く利食いましょう。

4-2 B

次はBのポイントです。

BはAよりもリスクが小さく、しかも大きな値幅が期待できます。

このように2つ目の山と同じ値幅が期待できるんです。

 

Aのポイントよりもリスクが小さく、かつアクセルを踏んで伸びていきやすいポイントになります。

 

要するにA~Bまでの動きは、水泳でいうところの息つぎポイントなのです。

 

車で言えばギアチェンジしている最中とでもイメージしてもらえたら分かりやすいと思います。

 

2ndギアから3rdギアに相場がシフトしていくので、どこかでアクセルを戻してあげないとうまく相場が進んでいきません。

 

 

それでは実際のチャートで見てみましょう。

三尊天井のかたちが完成したら、画像のようにキレイに等間隔で相場が進んでいくことになります。

 

このパターンさえ見つけてしまえば簡単にトレードで勝つことが出来ます。

 

どこまで伸びるかもあらかじめ予測できるので、最強のチャートパターンです。

 

そしてそのあとは相場が一息つくたびに加速しながら下落していっています。

 

三尊天井は天井となりやすいので、長めにポジションを保有して利益を伸ばすこともおすすめです。

5 利益を最大に伸ばす利食い方法

例えばBで10枚売ったとすると、一段目のところで7枚利食います。

 

そして残りの3枚は建値へ指値注文してそのまま利益を伸ばすという方法です。

 

そうしておけば7枚分の利益は確定できて、残りの3枚分はもっと利益を伸ばせるうえに損失が出ることがありません。

 

7:3という比率でしたら100枚でやった場合も同じで、70枚が利益確定でき30枚分は大きく利益を伸ばすことが可能になります。

 

このようにリスクを最大限に小さくして、利益を最大限に伸ばしていく方法はトレードにおいては非常に役立ちます。

まとめ

三尊天井は最強のチャートパターンです。

 

このパターンだけをトレードしたとしてもプロとして食べていくことが出来るくらいです。

 

しかし何事も100%確実にそうなることはありませんので、じっくり分析したうえでしっかりと三尊天井のかたちを確認してからトレードするように心がけましょう。

 

精度の高いチャートパターンを覚えておくだけで、あなたも必ずトレードで成功できるようになります。

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根式ベッティング戦略を確立。
2017年から、三根式ベッティング戦略をベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA