2017/04/28

03.15 GBP/JPY +110万8500円

 

はじめにお知らせ

無料オンラインセミナー開催中

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根流トレード運用システムを確立。
2017年から、三根流トレード運用システムをベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら

 

数日間保有していたGBP/JPYですが、

やっとクロージングできました。

 

 

FACEBOOKの個人ページでも書いていたんですが

利益を出すのにトレードの上手い下手は重要なんでしょうか??

 

 

損切が出来ない方は無理に損切をしようとしなくても良いと思います。

私の場合は「損切する口座」「損切しない口座」

と、分けて運用しています。

 

 

 

損切が出来なければ

「損切しなくてもお金を増やす方法は無いのか?」

と問いかければ良いのです。

 

 

 

損をしたくないという心理は人間誰しもが持っているものです。

損をしたくないから出来るだけ成功率の高い手法が欲しくてたまらないんです。

でも、そんなものはどこにも存在しないんです。

でも、この心理が結果的に損失を招いているのは最新の研究報告からも明らかなんです。

 

 

 

たくさん検証すればおのずと分かることなんですが、

「高勝率の手法!!」「神の手法!!」etc。。。

これらを過去チャートでかなり長い期間で検証すれば、

そのほとんどが50%もしくは50%以下に勝率は下がります。

 

 

 

上がるか下がるかは常に2択なのになぜそのようなことが起きるかというと

為替でいうとスプレッドやスワップ、手数料が原因します。

急激な相場変動なども要因のひとつです。

 

 

 

一度のトレードでは非常に小さいように見えるものですが、

長いスパンで考えると非常に大きな損失へと変わるんです。

マーケットというのは人間の心理を元に構築されているものなんです。

なので単純な取引のみでは長いスパンで見れば損失で終わって当然なんです。

 

 

 

金融業界は金融工学のスペシャリスト揃いです。

彼らは常に顧客からいかにしてお金を奪取するかを考えているんですよ。

子は親には勝てないように予め出来ているんです。

 

 

なので、棒切れ一本で攻めようとしても彼らには適わないのです。

 

 

「最強の刀ありますよ!」と刀を買ったは良いけど

身を守る防具を売っている方はどこにも居ませんよね。

一振りでボキンと折れちゃう刀売りも中には居ますが。。。

 

 

 

彼らに対抗するには身を守る防具が必ず必要になってくるんです。

私は手法にはこだわりはありません。

ハッキリ言って勝率は50%を保てるだけで超優秀なんです。

残りの50%はいかにして守るかなんです。

 

 

 

 

このXM口座は今年1月に500万円入金してから始めた口座です。

なのにもう2倍近く増えてしまいました。

損切をしないという行為はご法度のように常識とされていますが

有効的に使えば強い戦力へと変わるんです。

 

 

 

 

 

私は数学者ではありませんが、

数学をトレードに用いることで考え方が変わりました。

皆さんも是非トレードに数学を用いてみてはどうでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根流トレード運用システムを確立。
2017年から、三根流トレード運用システムをベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら