ギャンブルに依存する理由

 

はじめにお知らせ

無料オンラインセミナー開催中

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根流トレード運用システムを確立。
2017年から、三根流トレード運用システムをベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら

パブロフの犬を知ってますか?

 

簡単に説明すると、これは「条件反射」の証明の実験で
昔、パブロフ博士が犬を使って実験したことから「パブロフの犬」と名づけられました。

 

  1. 犬にベルなどの音を聞かせ、その直後にエサを与える
  2. それを繰り返し行う
  3. すると、音を聞いただけでヨダレが出るようになる

 

この実験で分かったことが「条件付け」です。
音が鳴りエサを貰えたことから、それを繰り返すことによって体が準備をするんです。

 

 

 

 

他にも似たような実験がありますが、サルを使った有名な話です。

 

  1. ボタンを押すと必ずエサが出てくる箱を作る。
  2. それに気がついたサルはボタンを押してエサを出すようになる。(連続強化)
  3. 食べたい分だけエサを出したら箱に興味をなくす。
  4. エサが出たり出なかったりするように設定する(部分強化)
  5. エサが出てくる確率をだんだん落とす。
  6. サルは一生懸命にボタンを押し続ける。

 

最終的にはエサが出る確率を調整することで
サルが狂ったように1日中ボタンを押し続けさせることが可能だそうです。

 

怖いですね(^^;)

 

これは心理学の実験なんだそうですが、「連続強化」よりも「部分強化」のほうが
行動が定着しやすいのです。

 

これは他のことにも応用されています。
例えば「子供のしつけ」や「犬のしつけ」などにも活用され上手く使えば非常に便利です。

 

しかし、これを使いこなすどころか、使いこなされている人たちがいます。
「パチンコ依存症」の方々です。

 

これらの実験を例に出してお分かりの通り、実世界で実験台にされ続けた結果
それなくしては生きていけないようにされているのがパチンコです。。。怖

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根流トレード運用システムを確立。
2017年から、三根流トレード運用システムをベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA