FX初心者のためのトレンドラインの見方

 
FX初心者のためのトレンドラインの見方

はじめにお知らせ

無料オンラインセミナー開催中

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根流トレード運用システムを確立。
2017年から、三根流トレード運用システムをベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら

トレンドを発見するための1つの分析ツールとして、「トレンドライン」というものがあります。

このトレンドラインは昔からよく使われている分析手法のひとつで、単純にトレンドがわかるだけでなく、同時にこれからのトレード戦略の土台となるものです。

トレンドが正確に読めていなければトレードそのものの質も悪くなります。

 

 

そして、トレードの際には順序立てて戦略を組み立てていきます。

  1. トレンドの「有・無」と「傾き」
  2. エントリー価格
  3. 目標価格
  4. ロスカット価格

このようにトレンドの把握は1番目の必須事項なのです。

まずトレンドがわからなければトレードそのものが曖昧なものになってしまいます。

1トレンドとは

一般的にはファッションのトレンドや経済のトレンドなどでよく使われ、物事の「流れ・動向」もしくは「傾向」というようなイメージで使われます。

トレードにおいても基本的な考え方は同じで、このトレンドを素早く見つけて、そのトレンドに素早く乗ることが大切です。

 

1トレンドをつかまえる

しかし、そのトレンドをつかまえることは簡単なことではありません。でも、不可能ではないです。

トレンドをつかまえることはやさしいことではないんですが、正しい知識正しい手法を使えばそれに近づくことが出来ます。

トレンドを100%つかまえることが出来れば、あなたは100%儲けることが出来、すぐにでも億万長者になることが可能になるでしょう。

 

 

しかし、それは不可能です。

でも、100%は出来ないとしても、その何割かのトレンドをつかまえることは誰にでも可能です。

その何割かのトレンドをつかまえることが出来ればトレードで儲けることはとても簡単です。

しかし、実際にはこのトレンドと言う考え方を抜きにして、行き当たりばったりなトレードを繰り返してしまう方が大多数なんです。

トレンドをつかまえることは簡単なことではないんですが、とても難しいことでもありません。

人よりも学ぼうとする姿勢があれば、それだけでだれよりも利益を残せるトレードができるようになってきます。

2チャートにトレンドラインを引く

トレンドラインの引き方をチャートを使って解説します。

基本的には「上昇トレンド」であれば直近の最安値次の安値でラインをむすびます。

逆に「下降トレンド」であれば直近の最高値次の高値でラインをむすぶだけです。

トレンドラインはヒゲの先端でラインをむすぶことが多いですが、細かく気にする必要はありません。

ローソク足の実体で引かれる方もいれば、移動平均線同士で引かれる方もいらっしゃいます。

2ー1上昇トレンド

トレンドライン(上昇)は直近で1番目立った安値を2つ選んで、その2点をラインでむすびます。

 

このチャートでは「1」が最安値となっており、その次は「2」が次の安値となりました。

このように1番安いところと、その次に安くなったところをラインで引くだけです。

1と2のラインを引いたあとはとてもキレイにラインにそってローソク足が動いていますよね。

 

2ー2下降トレンド

下降トレンドの場合は、上昇トレンドの逆で直近の1番目立った高値とその次に高値となったところをラインでむすびます。

FX初心者のためのトレンドラインの見方

 

このチャートでは1番のすぐ近くで、次の高値になったようにも見えますが、もう少し時間をおいて見た方が良いので2番を次の高値と判断した方が賢明でしょう。

こちらも同様、トレンドラインにそってローソク足が動いているように見て取れます。

3チャネルライン

チャネルラインとは、トレンドラインと平行に引いた2本の線です。

その平行なラインにはローソク足の通り道のようなものが出来ます。

FX初心者のためのトレンドラインの見方

 

先程引いたトレンドラインにチャネルラインを引くことで、そのチャネルラインの中をローソク足が包み込まれるように軌道から外れないように動く傾向があります。

そして、そのチャネルラインにローソク足が接触すると、ローソク足を跳ね返すようにして再度チャネルライン内に収めようとする機能が働く傾向が強いです。

まとめ

チャートにはたくさんの分析機能がついています。トレンドラインもチャネルラインもそのひとつです。

たくさんラインを引く練習をすることで、正確なラインが見えるようになってきます。

まずは正確なものは求めずにたくさんラインを引いてみましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根流トレード運用システムを確立。
2017年から、三根流トレード運用システムをベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA