FXチャートパターントリプルトップは利益を伸ばせるチャンス相場

 
FXチャートパターンまとめ。これさえマスターしておけば確実にトレードに強くなる

はじめにお知らせ

無料オンラインセミナー開催中

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根流トレード運用システムを確立。
2017年から、三根流トレード運用システムをベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら

トリプルトップはチャートパターンの中でも非常に信頼度が高いパターンです。

しかし、あなたはこのチャンスパターンを見逃していませんか?

このパターンを見逃してしまっては最大に儲けれるチャンスを失い、今までの損失をカバーするチャンスをも失っているのと同じです。

それではなかなか稼げることはできません。

今回はそのチャンス相場とも言えるトリプルトップの見つけ方や売買タイミングなどを解説します。

1 トリプルトップとは

基本的な考え方はダブルトップと同様で、「上昇トレンド終了」のサインです。

と同時に、上位足の下降トレンド中の戻り目に出現しやすいサインです。

ダブルトップとの違いは、ダブルトップは2つ山のM字になりますがトリプルトップは3つ山になります。

そして、出現頻度がダブルトップよりも少なくなります。

シングルトップとは1つ山しか出来なかったパターンです。

出現頻度としては上の3つの中で1番少なくなりますが、逆に最も信頼度が高くなるのがトリプルトップの特徴です。

信頼度が高いわけですから、上向きの相場から下向きに変わっていく可能性が非常に高いということです。

そして、そのときの上位足が下降トレンド中の戻り局面ならば信頼度MAXです。

なのでそのときにトリプルトップが出てきた場合は、積極的に売っていきましょう。

そして、トリプルトップの部分が天井となって長い時間戻ってこなくなりますから、エントリーに成功した場合は、いつもよりポジションを長めに保有して利益を伸ばすことに意識を集中しましょう。

ビビって薄利決済で終わるのはもったいないですね。

2 見分け方

トリプルトップもダブルトップに似て数種類のパターンを描きます。

キレイに3点の高値を描くことは少なく、「右肩下がり」になったり、「右肩上がり」になったりします。

中にはヘッド&ショルダーと迷う場合もあります。

この画像の3パターンが基本原型です。

この原型をもとに、①番目が若干高かったり、②番目が若干低かったりと微妙に異なってきます。

相場も十人十色で、まったく同じパターンになることは少ないです。

でも、上の基本原型をもとにチャートを探していけば迷うことはありません。

3 サポレジ転換

トリプルトップを下支えするラインがあります。

2点を下で支えているのがネックラインと呼び、サポートラインとも呼ばれます。

このネックラインは下に抜けていくと強力な境界線に変わります。

抜けたあとにネックラインめがけて上ってきても、このネックラインにはじき返されるような動きをするようになります。

この動きをサポレジ転換(サポートレジスタンス転換)といいます。

このような相場の境界線はもっともリスクが小さくなります。

他にもたくさんのチャートパターンがありますので、出来るだけたくさんの相場の境界線を見つけれるようになりましょう。

4 売買タイミング

チャートパターンが確認できても、重要なのは売買タイミングですね。

トリプルトップは天井になることを警告してくれる、非常に信頼度が高いチャートパターンです。

では、どこを基準にして売買するかというと、3つ山を支えているネックラインを基準にして売買します。

トリプルトップもダブルトップと考え方は同じです。

しかし、ダブルトップとトリプルトップは違いがあります。

ダブルトップは急旋回型であって、トリプルトップはゆるやか旋回型です。

急にアクセルをベタ踏みするか、徐々にアクセルを踏んでいくかの違いです。

ダブルトップは急にアクセルをベタ踏みして、スリップすることもあります。

しかしトリプルトップは徐々に踏んでいくので、ギアのつながりに力強さがあります。

なのでトリプルトップは後半に伸びていきやすいのです。

なので売買タイミングとしては、ネックラインを抜けてから売っていくのもアリですが、再度ネックライン付近に戻ってきたところで売っていくほうがストレスフリーで落ち着いてトレードできます。

信頼度は高いですが、予測どおりにならないこともありますのでそうならなかった場合に備えてロスカットはしっかりと行いましょう。

6 利食い

利食いタイミングはダブルトップと同様、3つ山の高さと同じ値幅となることが非常に多いです。

なのでトリプルトップの値幅を目安に、まずはどこまで落下していくのかが簡単に予測できます。

そしてトリプルトップは順調に落下していきながら、落下するたびに山を作っていきます。

この山はトリプルトップの値幅と等間隔となることが多いのも特徴的です。

まるで数学の授業で出てくるx,yグラフのマス目を数えるような感覚です。

なので山を作るたびに値幅をはかってみましょう。

上からの圧力が弱ければ、次第に値幅も縮んでいきます。

逆に強ければ力強く、安定的にアクセルを踏みながら順調に落下していくでしょう。

トレード用語はやたらと聞き慣れないような言葉が飛び交いますが、難しい言葉で脳みそを埋め尽くす必要はありません。

シンプルにチャートグラフを三角定規やコンパスで作図をしているような感覚で眺めてみましょう。

まとめ

似たようなチャートパターンはたくさんあります。

まずはひとつひとつ覚えることも大事ですが、そのチャートパターンを頭の中で3Dにしてイメージしてみてください。

どんな圧力が加わってこの形になったのか?

そのときの上位足はどんなトレンドだったのか?

推進エネルギーはどの方向に向いていたのか?

難しく考える必要はありません。

チャート上で起こっていることも僕らの身近に起きている物理的現象と同じことが巻き起こっているんです。

チャートのストーリーをたくさんイメージしましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
TRADING MAD SCIENCE代表
FXプランナー&トレーナー

10年間のトレード経験をもとに、三根流トレード運用システムを確立。
2017年から、三根流トレード運用システムをベースにしたFXトレードの指導を行う。
一般的な「攻め」重視の高リスクトレードではなく、最大限「損」を出さない「守り」を重視したトレード手法が特徴。
詳しいプロフィールはこちら